FC2ブログ
平成と平成業成
昭和天皇が崩御され、小渕官房長官から昭和の次の新元号が発表されました。

平成

新元号は、「へいせい」

「ええ~!」と驚き、震えを感じました。

平成の文字を見た時、瞬間的に「平生業成」と読め、
さらに、平生業成は、「へいぜいごうじょう」と読むのですが、
「へいせい」と「へいぜい」が重なって聞こえ、
「へいせい」と言われる度に「平生業成」の四字が思い浮かびました。

平生業成は、浄土真宗の救いを表す言葉です。

平成とは、今、この場所ということ。
時間は常に今しか有りません。
この文章を書いたのは今を基準にすれば過去ですが、読んでいるのは今。
大峯顕先生は、「永遠の今」とおっしゃいました。
また宇宙がどんなに広くても、私がいるのは「ここ」、
この場所しか有りません。

業成とは、阿弥陀仏の本願が成就していると言うこと。
阿弥陀仏の本願は、必ず浄土に生まれさせるという約束。
十方衆生を救えないうちは仏と名乗らないと誓った法蔵菩薩が、
今、阿弥陀仏と名乗り、諸仏に称揚されています。
つまり、阿弥陀仏の本願力で、浄土に生まれることができるということです。


30年前、新元号が発表された時はまだ
阿弥陀仏の本願が信じられませんでした。
この平成の時代に、平生業成に間違いなかったと信心を獲りたいと思いました。

私の信心は、後生の心配は阿弥陀仏におまかせして、
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
と念仏を称えているだけです。

平成から令和に元号が変わりますが、
阿弥陀仏の本願は成就しているので、
いま、ここで、そのまま救われます。

南無阿弥陀仏
スポンサーサイト



[2019/04/30 08:18] | Unclassified | コメント(0) |
毎日苦しいと感じている理由を知りました
「人生は苦なり」とお釈迦さまがおっしゃったとお聞きします。
「苦」とは、「思うようにならないってことだ」とご法話でお聞きしました。

正にその通り。
そうだ、その通りだ。
そこだったのか。

理由もわからず人生に苦しんでいる私の
苦しみの原因をズバリと言い当てられたと納得しました。


億万長者になりたい。
あの人と相思相愛の関係になりたい。
希望する学校に入学したい。
あの会社に就職したい。
金メダルが獲りたい。
病気を治して健康を取り戻したい。
やせたい。
長期休暇をとって旅行に行きたい。


求めているものはその時々、その人ごとに違いはありますが、
思うようにならなくて苦しんでいます。

「人生は思うようにならない」のに思うようにしようとするから辛いのかもしれません。

だけど「思うようにしたい」の思いが捨てられません。
煩悩がある限り、苦しみの世界から抜けられない私です。

「煩悩があるままで救う」という阿弥陀仏の本願が有り難いです。

煩悩いっぱいで何が起きても不思議でない私が、
こうして身の程知らずに欲張って生きていられるのも
南無阿弥陀仏が守護して下さっているのでしょう。

南無阿弥陀仏


りほつばさかな
欲しい欲しいと不足ばかり見るのではなく、
有るものに目を向けて感謝できるといいですね。
[2017/07/21 14:03] | Unclassified | トラックバック(0) | コメント(0) |
私が悲しい時に
私が悲しい時に、
阿弥陀さまは極楽にはいないの。

私のそばによりそって、
一緒に悲しんでいてくださるの。

私が地獄に堕ちて苦しんでいる時に、
阿弥陀さまは極楽にはいないの。

阿弥陀さまは一緒に地獄に堕ちて、
私のそばによりそって、
ずっとずっと願いをかけて下さったの。

それでやっといま、
ここにこうしていられるの。

南無阿弥陀仏
[2017/07/15 16:00] | Unclassified | トラックバック(0) | コメント(0) |
生は偶然、死は必然、死の縁は無量と言われています。
下腹部に違和感があるので総合病院を受診しました。
痛みはないので軽い気持ちで受診したのですが、
診断結果は、そけいヘルニアという
腹膜や腸の一部が筋膜の間から皮膚の下に出てくる病気だそうです。

医師の「一生治らない」という言葉には、正直の気持ち「ガッカリ」しました。

「一生治らないのか」、
何度かこの言葉が頭の中で繰り返されました。

幸い、ガンのように命のカウントダウンを宣告される病気ではありません。

筋力トレーニングをしても治ることがなく、
放置することで生活に支障をきたし、
他の病気を併発したり、悪化すれば最悪の場合は命に係わることになるので、
手術をして治療することになりました。

比較的軽い手術のようですが、
全身麻酔を行うので、それ相応のリスクがあります。

信心を頂いてありがたいことは、
「これで死んだら困る」という焦りがないことです。

もちろん手術は嫌ですし、痛い思いはしたくありません。
死にたいとも思いません。

でも、心は軽いのです。
後生は、すべて南無阿弥陀仏にお任せしているので心がとても軽いのです。

本当に本当に有り難いことです。

「生は偶然、死は必然、死の縁は無量」と言われています。
仏願の生起本末を聞いて、一日も片時も早く信心を頂かれることを念じます。

南無阿弥陀仏

里の翼かな。
感謝します。
[2016/02/17 13:53] | Unclassified | コメント(0) |
| ホーム |
万寿のイルミネーション


人生を振り返ると人間関係に悩み苦しむことが多かったように思います。いじめ、失恋、受験の不合格、就職、転職、病気、独立開業、廃業、離婚、お金、これらを全部経験しました。生きることを苦しく感じる時があります。それでも生きる目的を知りたかった。親鸞聖人の教えを聞くご縁があり、阿弥陀仏の本願を知らせて頂きました。後から来られる人の明かりになれば幸いと思い、文章をつづり言葉を残します。

Profile

まんじゅ

Author:まんじゅ
Welcome to FC2!

Latest journals

Latest comments

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.