FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
どう聞いたらの思い
信心を頂く前は、
「どう聞いたら」、「どう信じたら」、「どう求めたら」と考えていました。


この思いをもう少し詳しく開くと、
“私が”どう聞いたら、
“私が”どう信じたら、
“私が”どう求めたら、
というように、“私が”がついて回ります。


つまり“私”に意識が向かっているのです。

この“私が”こそが自力です。


自力は、自力で消し去ることはできません。
自力を取り去ることができるのは他力だけです。


ならばどうしたらよいのかというと、
阿弥陀仏の本願に向くことです。

ひたすら仏願の生起本末を聞かせて頂くことです。

「私がどう聞いたら」の思いが出てくるということは、
真面目で、真剣だからです。

でも、“私”ではありません。

「私がどう聞いたら」の思いが出てきたら、無視して下さい。
阿弥陀仏の本願に向かって下さい。


里の翼かな。
ありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ:「生きている」ということ - ジャンル:心と身体

[2016/02/11 10:19] | 自力 | コメント(0) |
| ホーム |
万寿のイルミネーション


人生を振り返ると人間関係に悩み苦しむことが多かったように思います。いじめ、失恋、受験の不合格、就職、転職、病気、独立開業、廃業、離婚、お金、これらを全部経験しました。生きることを苦しく感じる時があります。それでも生きる目的を知りたかった。親鸞聖人の教えを聞くご縁があり、阿弥陀仏の本願を知らせて頂きました。後から来られる人の明かりになれば幸いと思い、文章をつづり言葉を残します。

Profile

まんじゅ

Author:まんじゅ
Welcome to FC2!

Latest journals

Latest comments

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。