FC2ブログ
打ちのめされて
約1年、時間と資金をかけて準備した事業から撤退することにしました。
完全撤退にするか一時撤退にするかは、休んで体調が回復し元気を取り戻したら再度決断します。


利益が出せない焦り、経費、赤字。
いらだち、疲労、失望感、挫折感。
苦しいです。

私自身に対するうぬぼれと見込みの甘さがありました。


娑婆で悪戦苦闘し、苦しい思いの中で
南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と念仏が出てきました。

私の悪凡夫の姿、過去に何をしてきたのか、
掛け値なしの本当の姿を思い知らされます。


娑婆世界で今生きる、
これからも生きていくと思うと重く感じます。

我慢ぜず、正直に、「はあ」とため息をついてみました。


こんな状況ですが、「南無阿弥陀仏」と念仏を称えると、
弥陀の胸のど真ん中に、いま抱え込まれていることを思い出し、
「また頑張るか」とうつむいた顔を上げ、
ひざをつき、手をついて倒れこんだからだを踏ん張って、
起き上がる力が湧いてきました。

欲の波を浴びる私に
阿弥陀さまがそっと手を差し出して下さったのでしょうね。

どう生きるか。

今までとは、少し違う生きる道を探してみます。
もう一度まじめに考え直して、新たな希望を見つけます。


ありがとうございます。
南無阿弥陀仏
スポンサーサイト
[2017/07/29 16:29] | 因果の通り | トラックバック(0) | コメント(0) |
悪いことがあっても喜べる
南無阿弥陀仏をいただくと自分の姿、現在過去未来の罪悪を知らされます。

だから、善因善果 悪因悪果 自因自果 の因果の通りから、
私の身の上に、良いことが起こらないとしても当たり前のことです。

悪いこと、嫌なこと、都合の悪いことが起きて苦悩することがあっても、
「そうだろうなあ」とその出来事を受け入れることができます。

悪果に対して、「なせ私が、」とか、「なぜ私にばかり、」と思うことはありません。

そしてその次の瞬間、南無阿弥陀仏に助けて頂いた喜びが湧いてきます。

「こんな私のための本願であった。ありがとうございます。」
「こんな私を助けて下さった。ありがとうございます。」

「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」とお念仏が口から出てきます。

親鸞聖人の『高僧和讃』、

「罪障功徳の体となる こおりとみずのごとくにて 
 こおりおおきにみずおおし さわりおおきに徳おおし」

このお言葉を有り難く、味わうことができました。

良いことがあると、
「南無阿弥陀仏のおかげ様だ。」と感謝の念が湧いてきて、
これもまた有り難いことです。


仏願の生起本末を聞いて下さい。


里の翼かな
感謝します。
[2016/02/20 08:11] | 因果の通り | コメント(1) |
| ホーム |
万寿のイルミネーション


人生を振り返ると人間関係に悩み苦しむことが多かったように思います。いじめ、失恋、受験の不合格、就職、転職、病気、独立開業、廃業、離婚、お金、これらを全部経験しました。生きることを苦しく感じる時があります。それでも生きる目的を知りたかった。親鸞聖人の教えを聞くご縁があり、阿弥陀仏の本願を知らせて頂きました。後から来られる人の明かりになれば幸いと思い、文章をつづり言葉を残します。

Profile

まんじゅ

Author:まんじゅ
Welcome to FC2!

Latest journals

Latest comments

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.