FC2ブログ
どこどこまでも一緒です
私は凡夫です。

欲いっぱいです。
怒り、そねみ、ねたむ心ばかりで、
毎日、毎時そのことで悩み、迷い、苦しんでいます。

そして、その思いが死ぬまで続きます。

そんなどうしようもない私と、南無阿弥陀仏は一つになって下さいました。

仏凡一体と言います。

誠にありがたいことです。南無阿弥陀仏。

南無阿弥陀仏は、いつも私と一緒です。

だから東京に行こうと、埼玉に行こうと、
アフリカに行こうと、アラブに行こうと、
いつも一緒です。

いま仮に、目の前にブラックホールが現れて、
強制的に宇宙の彼方にワープすることがあったとしても
南無阿弥陀仏は、私と一体なので、
どこどこまでもついてきて下さいます。

私は、どこに行こうとそこで救われます。

誠に有り難いことです。

里の翼かな。
言葉になりません。
南無阿弥陀仏。







スポンサーサイト
[2016/02/27 06:09] | 平生業成 | コメント(0) |
真仮廃立について
どうしたら、南無阿弥陀仏を受け取ることができ、
救われるのでしょうか?

弥陀より信心を頂くには廃立が肝要であると教えて頂きました。

廃とは、捨てもの、立とは、立てるもの。
この廃すべきものと立すべきものに三つあるので
三重廃立と言われます。

廃立をしなければ、絶対に助かることがないので、
親鸞聖人は教行信証に厳しく廃立を説かれました。

三重廃立の中でも親鸞聖人が特に心血を注がれたのは、
真仮廃立です。

「しかるに願海につきて真あり仮あり」と仰り、
弥陀の48願の中に真と仮があることを指摘されています。

真とは18願、仮とは19願20願です。

また、 『教行信証』真仏土巻には、
「真仮を知らざるによりて、如来広大の恩徳を迷失す」
とあります。

これは、先に 真仏土巻で「真」を説き、
次に仮土巻で「仮」を説くので、
仮巻の方便に迷うのではありませんよ。

という親鸞聖人のお示しです。

虎の絵を描くには、本物の虎を手本にして描きます。
虎を描こうとして、似ているからといって猫を手本に虎を書いても、
書き上がる絵は、猫の絵です。
繰り返しますが、虎を描くには、虎の手本です。

弥陀の本願の中の18願で救われるので、18願を聞きます。
南無阿弥陀仏の六字のいわれを聞きます。


親鸞聖人は、方便の行と信(19願・20願)を
廃せよと戒められました。

これは、お釈迦様の教えを否定したのではなく、
私たちが、19願・20願を行じる必要はないということです。

18願は、あなたも私も、全ての人が直ちに救われる教えです。

いつもありがとうございます。

里の翼かな
感謝します。
[2016/02/22 12:09] | 廃立 | コメント(0) |
悪いことがあっても喜べる
南無阿弥陀仏をいただくと自分の姿、現在過去未来の罪悪を知らされます。

だから、善因善果 悪因悪果 自因自果 の因果の通りから、
私の身の上に、良いことが起こらないとしても当たり前のことです。

悪いこと、嫌なこと、都合の悪いことが起きて苦悩することがあっても、
「そうだろうなあ」とその出来事を受け入れることができます。

悪果に対して、「なせ私が、」とか、「なぜ私にばかり、」と思うことはありません。

そしてその次の瞬間、南無阿弥陀仏に助けて頂いた喜びが湧いてきます。

「こんな私のための本願であった。ありがとうございます。」
「こんな私を助けて下さった。ありがとうございます。」

「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」とお念仏が口から出てきます。

親鸞聖人の『高僧和讃』、

「罪障功徳の体となる こおりとみずのごとくにて 
 こおりおおきにみずおおし さわりおおきに徳おおし」

このお言葉を有り難く、味わうことができました。

良いことがあると、
「南無阿弥陀仏のおかげ様だ。」と感謝の念が湧いてきて、
これもまた有り難いことです。


仏願の生起本末を聞いて下さい。


里の翼かな
感謝します。
[2016/02/20 08:11] | 因果の通り | コメント(1) |
電話番号間違えて、野菜送って詐欺未遂
つい先月、二十歳の成人式を迎えた娘から

LINEにメッセージが入ってきました。


「おばあちゃんちの電話番号2870だっけ?」

「違うよ。2837だよ。」

2870は、住所の地番です。


「あっ、やっぱり。ヤバい。」


どうしたのか聞いてみると、

成人式の時ネイルとか何かでお金を使いすぎて

次の給料日まで食費がピンチなので

おばあちゃんちに電話したそうで・・・


娘「あっ、もそもし、おばあちゃん。私、りほ」

おばあちゃん「ああ、みほか。元気にしてるかい。」

娘「ううん、元気だよ。おばあちゃんは?」

おばあちゃん「元気だよ。どうしたの?」

娘「あのさぁ、おばあちゃん、野菜作っているじゃない。いっぱいある?」

おばあちゃん「ああ、作りすぎてしまって・・・。
近所に配ろうとしても、周りもみんな作っているから、もらい手がなくて。」

娘「ああ、良かった。あのさぁ、おばあちゃんに頼みがあるんだけど。」

おばあちゃん「なに?」

娘「あのさぁ、この前私成人式だったじゃない。
ネイルとか何だかんだでお金使いすぎちゃってさぁ、
次の給料日まで食費がピンチなんだ。
それでさぁ、私におばあちゃんの畑の野菜を送ってくれない。
住所言うからさぁ、書いて。
郵便番号○○、新宿区○○。
いい、書いた?」

おばあちゃん「書いたよ。」

娘「ところで、おばあちゃん、声がちょっと変だね。」

おばあちゃん「風邪気味だからかな。ゴホ、ゴホ。」

娘「風邪ひかないようにね。首のつくところを温めるといいらしいよ。
首、手首、足首。いい。」

娘「じゃあね。またね。」


電話を切った後で、なんか変なので、電話番号を確認してきたそうです。

その後、野菜が送られてきたかは不明です。


いつでも帰れる家があることはありがたいです。
どこに働きに出かけても、
帰る家があると思うだけで安心感があります。

里の翼かな。
感謝します。

[2016/02/18 16:32] | 感謝 | コメント(0) |
生は偶然、死は必然、死の縁は無量と言われています。
下腹部に違和感があるので総合病院を受診しました。
痛みはないので軽い気持ちで受診したのですが、
診断結果は、そけいヘルニアという
腹膜や腸の一部が筋膜の間から皮膚の下に出てくる病気だそうです。

医師の「一生治らない」という言葉には、正直の気持ち「ガッカリ」しました。

「一生治らないのか」、
何度かこの言葉が頭の中で繰り返されました。

幸い、ガンのように命のカウントダウンを宣告される病気ではありません。

筋力トレーニングをしても治ることがなく、
放置することで生活に支障をきたし、
他の病気を併発したり、悪化すれば最悪の場合は命に係わることになるので、
手術をして治療することになりました。

比較的軽い手術のようですが、
全身麻酔を行うので、それ相応のリスクがあります。

信心を頂いてありがたいことは、
「これで死んだら困る」という焦りがないことです。

もちろん手術は嫌ですし、痛い思いはしたくありません。
死にたいとも思いません。

でも、心は軽いのです。
後生は、すべて南無阿弥陀仏にお任せしているので心がとても軽いのです。

本当に本当に有り難いことです。

「生は偶然、死は必然、死の縁は無量」と言われています。
仏願の生起本末を聞いて、一日も片時も早く信心を頂かれることを念じます。

南無阿弥陀仏

里の翼かな。
感謝します。
[2016/02/17 13:53] | Unclassified | コメント(0) |
浜辺に続くふたつの足跡
ある夜、私は夢を見ました。


わたしは、親鸞聖人と共に、和歌の浦の浜辺を歩いていました。

暗い夜空には、これまでの私の人生が映し出され、
どの光景にも、砂の上にふたりの足跡が残されていました。

ひとつは私の足跡、もう一つは親鸞聖人の足跡でした。

夜空に、これまでの人生の最後の光景が映し出され、
私は、改めて砂の上の足跡に目を留めました。

すると、ところどころで足跡が一つしかないことに気づきました。

しかもそれは、私の人生で最も辛かった時、
苦しく、悲しく、孤独だった時でした。

そのことに気づき、心を痛めた私は、
親鸞聖人に、思いのままを正直に尋ねました。

「聖人、あなたは、いつも私のそばに寄り添って下さいました。

一人居て喜はば二人とおもふべし 。
二人寄て喜はば三人と思ふべし。
その一人は親鸞なり 。

だから、いつも、どんな時も
私のそばにいて下さると思っていました。

ところが、私が人生で最もつらく、苦しい時に
一人の足跡しかなかったことに気づきました。

私が、聖人を一番必要として、
そばにいて欲しかった時に
聖人よ、あなたは、私を見捨てられたのですか?」

すると天から菩薩の声が、やさしくささやくように聞こえてきました。

「あなたは、決して見捨てられません。

足跡が一つになった時、
そなたはその場に倒れこみ、立ち上がることができなくなっていました。

足跡が、一つになったところから、
親鸞聖人が、倒れたあなたを背負って歩いていたのですよ。」


[2016/02/16 10:26] | 感謝 | コメント(0) |
お釈迦様の教えは、おとぎ話のよう
78才の母に阿弥陀仏の本願の話をしたらクスクスと笑われました。

「そんなおとぎ話のような話を真面目な顔をして話して。」

そうだろうなあと思います。

笑われてもいいのです。

それでも今話しておきたいのです。

病気になって入院したら、ベッドの脇では話せないでしょう。

「治ろう、生きようとしている時に死ぬ話はしないでくれ。」

そう言って聞くことを拒むでしょう。

臨終を迎えて、この息が吸えなければ死、

この息が吐けなければ死、

そんな切羽詰まる時に弥陀の本願は聞けないでしょう。

弥陀の救いは、今も届いているので、

今日聞いて今日救われます。

しかし、仏願の生起本末を聞くには、

それ相応の物理的時間が必要です。

だから今聞いてほしい。

このおとぎ話のような仏教が現実であり、

今日の生活が幻だったと気づく時がやがて訪れます。


里の翼かな。
感謝します。
[2016/02/15 00:55] | 平生業成 | コメント(0) |
相手がガン患者でも縁がなければ伝えられない
肝臓がんの診断を受け、その後5年以上
生存されている人の講演を聴く機会がありました。

「健康で楽しく、第二の人生を生きるためには」というテーマでした。

講師は、お昼のテレビ番組のMCやコメンテーターとして
多くの方が知っているフォークシンガーです。

私は講演を聞く立場でしたが、
「全ての人を救うと誓われた弥陀の本願があることを伝えたい。」
この思いが湧いてきました。

しかし、伝える縁が足りません。

数メートル先にいるこの人は、
救われる弥陀の本願があることをご存知なのでしょうか。

また、お話しする縁があったとしても、
私の方で分かるように教えることがどれだけできるか。
そういう課題もあります。

そう思うと、
「よくぞ私が、ここまで弥陀の本願を聞かせて頂けたものだ」と、
喜びと感謝の念が湧き、
自然と、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏とお念仏が口から出てきました。

本当に、ご本願が聞けるところまで育てて頂きました。

ありがとうございます。


里の翼かな
感謝します。
[2016/02/14 00:44] | 感謝 | コメント(0) |
龍樹菩薩の叱咤

「たわけ者、
仏道を求めると言うことは、
大千世界を持ちあぐるよりも、
重いことが分からんのか!」

仏法を軽視し、小言を言っている求道者だから
龍樹菩薩はあえて厳しい言葉で叱咤されたのですね。


実際は、根気もなく、
仏教を求める気もないのが私の本当の姿です。


阿弥陀仏は、私をそういうものと見て、
南無阿弥陀仏を完成させ、私に与えて下さっています。

南無阿弥陀仏を頂くには、善悪は関係がありません。

弥陀は、「そのまま助ける。直ちに来たれ」と呼んで下さっています。
「はい」と聞いたときに、信心が獲れます。

里の翼かな。
ありがとうございます。
[2016/02/12 19:55] | 生起本末 | コメント(0) |
どう聞いたらの思い
信心を頂く前は、
「どう聞いたら」、「どう信じたら」、「どう求めたら」と考えていました。


この思いをもう少し詳しく開くと、
“私が”どう聞いたら、
“私が”どう信じたら、
“私が”どう求めたら、
というように、“私が”がついて回ります。


つまり“私”に意識が向かっているのです。

この“私が”こそが自力です。


自力は、自力で消し去ることはできません。
自力を取り去ることができるのは他力だけです。


ならばどうしたらよいのかというと、
阿弥陀仏の本願に向くことです。

ひたすら仏願の生起本末を聞かせて頂くことです。

「私がどう聞いたら」の思いが出てくるということは、
真面目で、真剣だからです。

でも、“私”ではありません。

「私がどう聞いたら」の思いが出てきたら、無視して下さい。
阿弥陀仏の本願に向かって下さい。


里の翼かな。
ありがとうございます。

テーマ:「生きている」ということ - ジャンル:心と身体

[2016/02/11 10:19] | 自力 | コメント(0) |
| ホーム |
万寿のイルミネーション


人生を振り返ると人間関係に悩み苦しむことが多かったように思います。いじめ、失恋、受験の不合格、就職、転職、病気、独立開業、廃業、離婚、お金、これらを全部経験しました。生きることを苦しく感じる時があります。それでも生きる目的を知りたかった。親鸞聖人の教えを聞くご縁があり、阿弥陀仏の本願を知らせて頂きました。後から来られる人の明かりになれば幸いと思い、文章をつづり言葉を残します。

Profile

まんじゅ

Author:まんじゅ
Welcome to FC2!

Latest journals

Latest comments

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.