FC2ブログ
いつ、どこで弥陀に救われるのか
阿弥陀仏の光明のはたらきをあらわして、
無量寿如来とお呼びすることがあります。
無量寿とは、寿命に限りがないということで、
阿弥陀仏の衆生救済するはたらきの
時間的な完全さを示しています。

つまり、いつでもということです。

また、無辺光如来とお呼びすることもあります。
無辺光とは、いかなるところにいるものにも届いていて救うという、
阿弥陀仏の衆生を救済するはたらきの
空間的な完全さを示しています。

つまり、どこでもということです。


いつでもどこでも、あなたのいるところ
私のいるところに光明のはたらきが届いています。

地球上の、いや、宇宙のどこにいようと
あなたの今いる場所、私が今いる場所で救われます。

いつ、どこに行っても南無阿弥陀仏と一緒です。

ありがとうございます。

南無阿弥陀仏

スポンサーサイト
[2017/07/07 16:00] | 平生業成 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<光に向かって進んだ先の救いではない | ホーム | 弥陀の本願は、いま、ここでの救い>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://manju18.blog.fc2.com/tb.php/25-28727337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
万寿のイルミネーション


人生を振り返ると人間関係に悩み苦しむことが多かったように思います。いじめ、失恋、受験の不合格、就職、転職、病気、独立開業、廃業、離婚、お金、これらを全部経験しました。生きることを苦しく感じる時があります。それでも生きる目的を知りたかった。親鸞聖人の教えを聞くご縁があり、阿弥陀仏の本願を知らせて頂きました。後から来られる人の明かりになれば幸いと思い、文章をつづり言葉を残します。

Profile

まんじゅ

Author:まんじゅ
Welcome to FC2!

Latest journals

Latest comments

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.