FC2ブログ
どう生きたらいいのか
人生は、うまくいかない。
思うようにならないと思いながら生きています。

迷いがあり、少し苦しいです。

「どう生きたらいいのだろう。」
そう思いながらお説教を聞きに行きました。

私が質問したわけではないのですが、
念仏者の生き方というお話になりました。

悩んでいることは同じなのかもしれませんね。

布教師からお聞きしたことを書きます。

子どもの頃からどのように育てられてきましたか?
「勉強しなさい。勉強しなさい。」と
尻を叩かれるように勉強してきませんでしたか。

ちょっとでもいい学校に入りなさいって言われて
受験勉強をしていい学校に入って、
次は、ちょっとでもいい就職をしようとしてきませんでしたか。

いい就職が出来れば いい給料が貰えるからです。
いい給料が貰えれば、結婚して、家を持ってて、子供が育てられる。
老後の心配もない。

そういう風に、生きていませんか。
競争になるのは、当たり前です。

「学校に、入りました」っていうことは、誰かが落ちたのです。
「人気のある企業に就職出来た」ということは、
だいぶ落ちた人がいるっていうことです。

皆が 「勝ち組」とか「負け組」とか、言っている、
それが今 我々か生きている世の中ではありませんか。

金の力を借りて幸せになろうと思い、ひたすら金を追求する。
周りの人や社会に感謝することもなく、
他の人の労力を利用して、自分の幸せを実現しようとしている。

ころが現在の姿ではありませんか。

「念仏者の生き方」とは、一言で言ったら「ご恩報謝」です。

「ご恩」というのは 何かというと、
今まで、自分を成り立たせていたものを、
当たり前だと思っていたのを、当たり前ではなくて、
有難いことと頂く世界です。

私が 今 ここにこうしていられるのは、
あらゆる多くの命と、みなさまのお陰なのです。

みなさまのお陰というのが、大事です。

「みなさまのお陰によって、今 こうやって命を恵まれて ここに 私かおるんだ」
と気づかされたら、
みなさまのお陰に どう報いて行くかということが、ご恩報謝です。

「当たり前だ」と思っていたことが、「当たり前でない」と
気づかされる世界が、浄土真宗の世界です。

気づいたところから、変わって行くのが 浄土真宗の生き方です。

「生き方」というのは、「ご恩」というものが、スタートです。

こう生きるべきとか、ああ生きるべきとか、
浄土真宗の念仏者は、こう生きなければいけませんという話しは、どこにもありません。

生き方が示されていないのは、ご恩が知れたら自ずとそこに生き方が 変わって行くはずです。

・・・ここまで。

食うためのお金を稼ぐために仕事をするのではなく、
ご恩報謝の思いで仕事をするというお話もありました。

まずは、私がどのような恩を受けているのか知ること、感じることから始めます。
ご恩報謝を意識して生きてみようと思いました。

南無阿弥陀仏



りほつばさかな
「ありがとう。」と感謝する心は豊かな心です。
スポンサーサイト
[2017/07/12 15:20] | 感謝 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<極重の悪人はだだ名号を称えなさい | ホーム | 煩悩があるままで救われる>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://manju18.blog.fc2.com/tb.php/29-9a1590ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
万寿のイルミネーション


人生を振り返ると人間関係に悩み苦しむことが多かったように思います。いじめ、失恋、受験の不合格、就職、転職、病気、独立開業、廃業、離婚、お金、これらを全部経験しました。生きることを苦しく感じる時があります。それでも生きる目的を知りたかった。親鸞聖人の教えを聞くご縁があり、阿弥陀仏の本願を知らせて頂きました。後から来られる人の明かりになれば幸いと思い、文章をつづり言葉を残します。

Profile

まんじゅ

Author:まんじゅ
Welcome to FC2!

Latest journals

Latest comments

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.