FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
南無阿弥陀仏を称えるということ
親鸞聖人は、阿弥陀仏の本願力のはたらきとして、二種の回向があると教えられます。

二種の回向の一つは往相回向であり、二つには還相回向です。

往相とは、阿弥陀仏の浄土に往くはたらきです。

還相とは、阿弥陀仏の浄土から還り来るはたらきです。

往相の法として与えられたものに真実の教と行と信と証があります。

さらに、往相回向をうかがうと、往相の因として大行と大信が与えられています。

大行とは、尽十方無碍光如来の名を称えることです。
この行には、阿弥陀如来が完成されたすべての善徳をおさめ、あらゆる功徳の根本としての徳をそなえており、極めて速やかに功徳を行者の身に満足せしめる勝れたはたらきをもっています。
それは仏のさとりの領域である真如と呼ばれる絶対不二の真実の顕現態ですから、大行と名づけられるのです。

尽十方無碍光如来の名を称えるとは、南無阿弥陀仏を称えることです。

つつしんで、南無阿弥陀仏を称えさせて頂きます。

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

私が「南無阿弥陀仏」と今、念仏を称えられることは、とてつもないことで、想像をすることもできない尊い行であります。


南無阿弥陀仏


梯實圓 著 教行信証 本願寺出版社を参照させて頂きました。
ありがとうございます。
スポンサーサイト
[2017/07/25 17:03] | 念仏 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<打ちのめされて | ホーム | 毎日苦しいと感じている理由を知りました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://manju18.blog.fc2.com/tb.php/38-7f89f33a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
万寿のイルミネーション


人生を振り返ると人間関係に悩み苦しむことが多かったように思います。いじめ、失恋、受験の不合格、就職、転職、病気、独立開業、廃業、離婚、お金、これらを全部経験しました。生きることを苦しく感じる時があります。それでも生きる目的を知りたかった。親鸞聖人の教えを聞くご縁があり、阿弥陀仏の本願を知らせて頂きました。後から来られる人の明かりになれば幸いと思い、文章をつづり言葉を残します。

Profile

まんじゅ

Author:まんじゅ
Welcome to FC2!

Latest journals

Latest comments

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。