FC2ブログ
電話番号間違えて、野菜送って詐欺未遂
つい先月、二十歳の成人式を迎えた娘から

LINEにメッセージが入ってきました。


「おばあちゃんちの電話番号2870だっけ?」

「違うよ。2837だよ。」

2870は、住所の地番です。


「あっ、やっぱり。ヤバい。」


どうしたのか聞いてみると、

成人式の時ネイルとか何かでお金を使いすぎて

次の給料日まで食費がピンチなので

おばあちゃんちに電話したそうで・・・


娘「あっ、もそもし、おばあちゃん。私、りほ」

おばあちゃん「ああ、みほか。元気にしてるかい。」

娘「ううん、元気だよ。おばあちゃんは?」

おばあちゃん「元気だよ。どうしたの?」

娘「あのさぁ、おばあちゃん、野菜作っているじゃない。いっぱいある?」

おばあちゃん「ああ、作りすぎてしまって・・・。
近所に配ろうとしても、周りもみんな作っているから、もらい手がなくて。」

娘「ああ、良かった。あのさぁ、おばあちゃんに頼みがあるんだけど。」

おばあちゃん「なに?」

娘「あのさぁ、この前私成人式だったじゃない。
ネイルとか何だかんだでお金使いすぎちゃってさぁ、
次の給料日まで食費がピンチなんだ。
それでさぁ、私におばあちゃんの畑の野菜を送ってくれない。
住所言うからさぁ、書いて。
郵便番号○○、新宿区○○。
いい、書いた?」

おばあちゃん「書いたよ。」

娘「ところで、おばあちゃん、声がちょっと変だね。」

おばあちゃん「風邪気味だからかな。ゴホ、ゴホ。」

娘「風邪ひかないようにね。首のつくところを温めるといいらしいよ。
首、手首、足首。いい。」

娘「じゃあね。またね。」


電話を切った後で、なんか変なので、電話番号を確認してきたそうです。

その後、野菜が送られてきたかは不明です。


いつでも帰れる家があることはありがたいです。
どこに働きに出かけても、
帰る家があると思うだけで安心感があります。

里の翼かな。
感謝します。

スポンサーサイト
[2016/02/18 16:32] | 感謝 | コメント(0) |
<<悪いことがあっても喜べる | ホーム | 生は偶然、死は必然、死の縁は無量と言われています。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

万寿のイルミネーション


人生を振り返ると人間関係に悩み苦しむことが多かったように思います。いじめ、失恋、受験の不合格、就職、転職、病気、独立開業、廃業、離婚、お金、これらを全部経験しました。生きることを苦しく感じる時があります。それでも生きる目的を知りたかった。親鸞聖人の教えを聞くご縁があり、阿弥陀仏の本願を知らせて頂きました。後から来られる人の明かりになれば幸いと思い、文章をつづり言葉を残します。

Profile

まんじゅ

Author:まんじゅ
Welcome to FC2!

Latest journals

Latest comments

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.